原稿取り込み方法

画像や文書を取り込むには、フラットベッドにセットするか、または自動原稿送り装置(ADF)でページを自動的に送り込みます。
原稿取り込み方法リストには取り込みに使用する装置が表示されています。
原稿取り込み方法を選択するには、 原稿取り込み方法リストから装置を選びます。 利用可能なオプションは次の通りです。
  • 自動-原稿取り込み方法は自動的に選択されます。 自動モードを選択すると、スキャナはまずADF をチェックします。 ADF が取り付けられていない、またはADF に原稿が何もセットされていない場合、スキャナはフラットベッドからの取り込みを開始します。
  • フラットベッド-フラットベッドが原稿読み取り装置として選択されます。 このモードが選択されていると、フラットベッドにセットされた画像または文書が取り込まれます。
  • ADF -自動原稿送り装置(ADF)が原稿読み取り装置として選択されます。
    ペ―ジの片面を取り込む場合にはこのモードを選択します。 ADF を原稿取り込み装置に選択すると、ADF にセットされた原稿が取り込まれます。 ADF に原稿が何もセットされていない場合、システムはメッセージを表示します。 処理を続けるには、ADF に原稿をセットし、再度取り込みを行います。
  • ADF デュプレックス-自動原稿送り装置(ADF)が原稿読み取り装置として選択されます。
    このモードは ページの両面を取り込む場合に選択します。 ADF デュプレックスを原稿読み取り装置として選択すると、 ADF にセットされた原稿が取り込まれます。 ADF に 原稿が何もセットされていない場合、システムはメッセージを表示します。 処理を続けるには、原稿を ADF にセットし、再度取り込みを行います。
    ADF デュプレックスモードでは、スキャナが原稿を正しい向きで取り込むように、適切なページの向きを選択します。 原稿のページが縦長の場合(本やチラシなど)、長辺綴じをクリックします。 原稿のページが横長の場合(メモ用紙など)、 短辺綴じをクリックします。

原稿取り込み方法